New Project

ヒューマン・ドキュメンタリー・プロジェクト 

 

 

 

WALK! 

  

 〜  生きることは、歩き続けること。

             

       あなたの人生を映像詩にしませんか 〜

 

 

(監督・撮影・編集) 坂口香津美 

映画『抱擁』より

テレビの番組であれ、映画であれ、ドキュメンタリーの制作者は、その人に寄り添う、伴走者であり、その人とともにある伴奏者でもある、と思います。

 

被爆地・長崎の希望を描いたドキュメンタリー映画『夏の祈り』母の心の旅路を4年間撮影したドキュメンタリー映画『抱擁』を手がけてみて、市井の人のなかにこそ、普遍的な真実があることに気づかされました。

 

 私の人生の目的とは何か。
 私とは…。
 私が生まれて来た理由はどこにあるのか?
 生きている限り、繰り返し、自問するそれらの問いかけに、答はあるか。
 自分が生きてき来たあかし(証)を、しるし(印)をのこしたい。
 自分を見つめてみたい。


 恋愛、結婚、出産、入学、卒業、成人式、家族旅行…

 

 永遠にのこる自分史を、家族史を、

 今を生きている自分の肉声を、表情を、若さを、家族を、親しい友との語らいを。


 永遠に留めたい。

 心の深い場所に…。

 

そんなあなたの人生を、願いを、私が責任をもって映像詩にします。          

 

                                           坂口香津美 

 

 

 

※ご予算に応じて、撮影方法や構成内容は異なります。

 ご興味持たれた方、まずはお気軽にお問い合わせください。お問合せはこちら

 

 

映画『抱擁』より

映画『夏の祈り』より